恋愛カウンセリング実績

本当は頼りたいのに遠慮してしまう方の恋愛カウンセリング

2017.7.15

本当は頼りたいのに遠慮してしまう方のカウンセリングを行いました。

辛い事や伝えたい事があっても遠慮して無理に笑顔を作ったり強がる事をしてしまう為、どの恋愛においても「独りでもやっていけるよね」と恋人が毎回離れていくことで悩んでいらっしゃいました。

カウンセリングを進めていくと幼少期から母親の顔色を伺い、期待に応えるようにして接してきた事で現在の人間関係でも言いたいことが言えずにいる事がわりました。

インナーチャイルドセラピーワークを通して幼い事の自分を癒す事により、感情を出せるようになりました。

同じような事で悩んでいらっしゃる方はお気軽にご相談ください。